航空公園が大好きなバディ。
一番のお気に入りは「ドックラン」。色々なわんこに逢えるし、遊べるしで大興奮。
自分が大きいことに気が付いていないので、小さいわんこにも遠慮ない。
大型犬エリアに入ってくるわんちゃんは小ぶり(小型犬)でもハイパワーな仔が
多いので安心はしてられるのですが気は抜けない(-_-;)



(航空公園=ドックラン)になっているので、あえて散歩&プチトレーニングを
することに急遽、変更。

散歩中によくある光景のトレーニング。

   ◆相手の犬がバデxに関心があると挨拶したい

   ◆小型犬、大型犬苦手犬種なし

   ◆急にスイッチが入る


と言うことで、散歩中に「相手の犬が挨拶をしたい場合」

【大型犬の場合】
人同士の挨拶終了後、様子を見ながら犬に任せ挨拶開始。
適宜、解散。

【小型犬の場合】
人同士の挨拶終了後、バディは「伏せ」の状態で待たせる。
相手の犬が近づける範囲で近づいてきて、伏せの状態で挨拶開始。
遊ばせる隙は作らずに、相手が去ったのち解放。


大型犬の散歩時は、やはりアンテナを強めに張っておきます。
バディ自身は問題がなくても、相手がどんな状態かを読み取り
こちら側の対応を瞬時に判断します。

何か事故が起きてからでは遅いので対応は的確にです。
だからって、バディとの散歩が神経過敏になっているかと言うと
そうではなく、のんびりとゆったりと散歩は楽しんでます。
バディの行動はすべて癒されるから♪

その家庭にあったルールを決めることが大切ですね♪

ちなみに【バディのルール】

   ◆車、自転車の気配を感じたときは「座って」待たせる。

   ◆狭い道での子ども、老人とのすれ違いも「座って」待たせる。

   ◆遠くに犬を確認した場合、相手の犬が犬が苦手な場合も「座って」待たせる。
    相手の出方次第では、「通り過ぎるのを待つ」「こちらが足早に通り過ぎる」
    「こちら側が横道にそれる」など、相手の飼い主さんと犬の動きで
    ストレスを与えないように回避する方法を考えます。

何せ、バディは黒くて大きいので、それだけで嫌がる人や犬がいること。
その人たちへの配慮は忘れてはいけないですね。


航空公園では、それらのチャンスが多くあるのでトレーニングに最適。
もちろん、普通に散歩をするだけなので気分も爽快♪

そして休憩がてらロングリードに付け替えて持来、呼び戻し、待つことの
トレーニングも遊びの中から学びます。
もちろん、まったりする時間もたっぷり取れるので航空公園は最高です♪

257

持来と言っても、バディは持って帰ってこない(笑)
投げたのを取りに行って、それを誇らしげに咥えながら大はしゃぎ(笑)
たまに持ってくるので、また投げてあげる。
バディにはそれで十分♪こちら側が、それ以上を求めてなければ
完全な持来は必要ない。
必要になればトレーニングを入れる。それで十分♪

ただ、ストレスなしの状態で「待つ」こと、どこにいても「呼び戻し」
出来ることは身につけさせたい。
犬であるために大切な躾だと思ってます。

255

最後はドックランで大はしゃぎ♪
後姿だけで楽しさが伝わってくる。この姿を見るのは飼い主としては
嬉しいことですね。
この日は同じような月齢の仔たちで性格も似たりよったりだったので
心も身体も解放された気分で遊んでいましたね(笑)

11ヶ月のラブちゃんは大型犬が苦手らしく、普段は遊ぶことが
できないらしいけど、バディにはとても積極的でストーカーのように
くっついて遊んでました。
しかも、ペロペロ舐めまくられ過ぎ(笑)


256